SOCCER FREAK

2017年5月19日8:57 PM

  • マメ知識

最高のユーティリティプレイヤー セスク・ファブレガス

みなさん、セスク・ファブレガスというサッカー選手を知っていますか?メッシやクリスティアーノ・ロナウドに比べて知名度は低いので知らない人も多いでしょう。しかし、セスクは世界トップレベルの選手です。

今回の記事ではそんなセスクの経歴やプレースタイル、美人な奥さんについて書いていきたいと思います!

セスク・ファブレガスの輝かしいキャリア

まずは、簡単にセスクのこれまでの経歴と輝かしいキャリアを見ていきましょう。

スペインのカタルーニャ地方出身

1987年

世界的名門FCバルセロナの下部組織に入る

この時、若きメッシやプジョールとともにプレー

1997年

U-17のワールドカップで得点王になる

U―17ワールドカップは若手プレイヤーの登竜門であり、ここから多くのス―パースターが生まれています

2003年

18歳でイングランドの名門アーセナルに移籍

21歳でアーセナルのキャプテンを任される

2003年

念願だったバルセロナに復帰

2011年

イングランドのチェルシーに移籍

チェルシーはアーセナルのライバルチーム。よって、アーセナルファンから多くの非難を浴びています

2014年

ご覧の通り若い頃から世界的名門クラブを渡り歩き、各チームでタイトルを獲得しているあたりやはりスーパースターですね。

セスクってどんなプレースタイルなの?

そんなスーパースター、セスクのプレースタイルと言えば、『マエストロ』の異名が表すとおり、とてもレベルの高いユーティリティプレイヤーです。

ポジションは本来ミッドフィルダーですが、先ほど書いたようにU-17ワールドカップで得点王になるなど得点力を持っていますから、フォワードとしても出場することもあります。

ちなみにアーセナル時代は主にボランチやトップ下として出場していましたし、バルセロナ時代にはフォワードとしても出場するなど本当にユーティリティプレイヤーです。こういった選手がチームに一人でもいるとチームは大変助かります。チームメイトの負傷離脱の際などは監督として本当に助かると思いますし、ユーティリティプレイヤーがいると戦術オプションが増えるという効果もあるので、貢献度は計り知れないです。

慣れないポジションながらも、その類まれなサッカーセンスを活かし、高いレベルで多くのポジションをこなすセスクは最高のユーティリティプレイヤーと言えるのではないでしょうか?

セスクの家族について 話題の美人妻?

セスクはサッカー以外では美人妻というキーワードで注目されています。その美人妻というのは、ダニエル・セマーンという13歳上の姉さん女房らしいです!

Last night with my beautiful baby👫😍😘❤️

Cesc Fàbregasさん(@cescf4bregas)がシェアした投稿 –

さらに、交際が発覚した2011年にはセマーンさんには旦那がいたということで、当時は略奪愛として話題になりました。その後結婚し、セスクとの間に3人の子供を産んでいます。

また、セスクはインスタグラムをよく更新しており、家族との写真をよく載せています。サッカー選手としてだけだなく、良き夫、良きパパとしての一面もうかがえるセスクは好感が持てますね!

C・ファブレガスの選手データを見る

この記事の執筆者

  • SOCCER FREAK
  • SOCCER FREAK編集部

    SOCCER FREAK編集部。当サイトの運営から記事の執筆まで担当。欧州リーグを中心にサッカー観戦がライフワークの一つ。いつか生でCL決勝を観に行きたいと想いを馳せながら記事を執筆。